めまい、自律神経

浦和の整体院です。

めまいの起こる原因は様々ですが、最近は自律神経の問題から表れている方が多いです。

会社の仕事を家に持ち帰るような忙しい人や、休みが取れなく仕事を続けている人は、

自律神経が乱れやすく体も十分に休めないので身体も弱りやすくなります。

また、自律神経は血流を調整する働きもしています。

自律神経が乱れると血流の流れも乱れるので脳へ向かう血流の流れも

(血圧の左右差)乱れます。それによりめまいが起きます。

自律神経の乱れはリラックスすることが大事です。

中でも睡眠の質を高めるのも一つの手です。

睡眠ホルモンやメラトニンは2~4時。

抗ストレスホルモン(コルチゾール)は明け方に多く分泌されるので、

12時くらいまでに眠れると良いです。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

不眠を治すには

不眠症になってその期間が長く心身ともに疲れている方。

また、眠れないからと言って、睡眠導入剤などの睡眠を誘う薬の服用している方もいます。

特に、薬は副作用が伴うことがあり、日中の異常な眠気で仕事に差し支えたり、

また、”飲まないと不安で眠れない”といった気持ち的に依存を持つこともあります。

睡眠の質を良くするには、規則正しい生活を取り戻しながら、

身体を整えることで大きく変化される方もいらっしゃいます。

それは「身体の歪み」「自律神経の正常な働き」の部分が大きく関係します。

体内時計が正常なサイクルとなり、身体を健康的に支えることにもつながります。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

睡眠について【浦和カイロプラクティック諏訪整体院】

現代人で睡眠がとりにくく悩んでいる方が多いと思います。

睡眠は身体の疲労を回復するのに欠かせない時間です。

その時間は、脳が深く睡眠に入ると、成長ホルモンが身体の細胞の代謝をして、内蔵、筋肉、骨、皮膚組織などを回復して次の日に備える準備をします。

ところが、仕事や人間関係または日常生活の何らかしらのストレスにより、夜になっても寝付くことができず、睡眠がとれにくかったというような状態が続くと身体の疲労が抜けず精神面でも不安定になることもあります。

また、寝れてはいるけれども疲れがとれにくいという方もいます。

こういう方は、寝れてはいても身体が修復しにくい状態になっています。

そうなると、日中は「元気に動き回る」ということができないと思います。

つまり、寝れていても「疲労を回復する上質な睡眠」がどれだけとれたかということになります。

そのためにはバランスが崩れた身体のリセットが必要になります。

ぐっすりと眠れる状態になれることで、疲労の蓄積を解消していけます。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院