7年目を迎えました

 

頂きもの(その①)

今年で(今の場所で)7年目を迎えることとなりました。

この場所で多くの方々に出会い、そのきっかけで色々な交流の場も増えました。これまで出会えた多くの方々に、心より感謝を申し上げます。

頂きもの(その2)

これからも、日々精進し、多くの患者さんの健康に貢献できるように邁進してまいります。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院 

うつ病や自律神経失調症はストレス

うつや自律神経の疾患によって「めまい、不眠、食欲不振、不整脈、動悸、耳鳴りなどを起こすことがありますが、その原因の一つとしてストレスがあげられます。

そのストレスが高まると、日々の不安により交感神経が高まります。その結果、体の筋肉の緊張が強まり、頭痛、首の違和感、肩こり、腰痛を招くことになります。

不眠なら睡眠薬、うつ状態が強ければ精神安定剤や抗うつ剤などが処方されます。

しかし、違う角度からも観察(身体のバランスや心の部分)をしていかないと根本的解決には至りません。
うつ病、自律神経の問題でお困りでしたら、ご相談ください。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院 

 

五十肩の痛み

半年前に五十肩と診断された患者さん(五十代男性)。

夜寝ている時に痛みで目が覚めてそこから寝付くことができないとのこと。

左右の腕の動きは屈曲90°強。外転は80°位。外旋動作も痛みが強くてできない状態。

日常生活でも、

電車通勤でつり革に掴む動作。

服を着る動作などが困難とのこと。

特に腕の筋肉が固くその他も背中が円背気味で体の歪みも影響しているようです。

全体的に調整して肩の動き具合を確認してもらうと、肩の屈曲や外転が施術前に比べると、痛みの範可動性が大幅に広がりました。

その後、毎週に一度は来院してもらい、施術をするたびに可動性が広がっていきました。左右の手でつり革に掴むことや水平外転もほぼ可能となり、夜間痛も今の所起きていないとのこと。

五十肩は時間を要しますが改善される症状です。

五十肩の症状はお任せください。さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院 

ぎっくり腰の症状

先週、仕事中に痛みが出たとのことで、次の日に来院。

長時間不自然な体制で作業をしていた後に「グキッ」とやってしまったとのこと。真っすぐに立てないようで、辛そうでした。

JNTの下肢テクニックを行ったあとに立ってもらうと「あっ、足が上がる⤴」

その後にブロックテクニックも行って調整をし、痛みが2割だけ残った感じだのようだが真っすぐに立って帰られました。

今週、来院された時には、痛みが無く軽快に動けているとのこと。

お礼にとお土産も頂きました。

ありがとうございます。

ぎっくり腰、腰痛、肩こり、頭痛、自律神経などの症状はお任せください。さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院