自律神経と食生活【浦和の整体院】

浦和にある整体院です。

自律神経失調症の改善の一つとして、普段食べている食生活の見直しも大切です。

毎日のように摂取する食べ物が栄養の偏りによって、交感神経が働きすぎる傾向になります。

そのため、食べ物で胃腸の働きを促進し、副交感神経の働きを高めることも必要です。

ビタミンB12(ニンニク、ほうれん草などの緑黄色野菜、しじみやレバー。特に魚類はイクラ・貝類は赤貝でB12が多い)不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます

ビタミンC(アセロラ、グレープフルーツ。特にピーマンはビタミンCが豊富)不足すると、ストレスを溜め込みやすい

カルシウム(乳製品や小魚、豆製品、海藻。中でも干しエビ・小松菜が多い)イライラや興奮を鎮めてくれ、不眠解消の効果

アミノ酸(卵や肉、魚、乳製品、豆類)疲労回復や血流の改善、精神安定など

毎日が忙しく、食生活が乱れがちだと思う方は見直すことで症状の予防や改善につながることもあります。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

【浦和の整体】花粉症、自律神経について

さいたま市浦和の整体院です。

今年も花粉症の季節に差し掛かろうとしています。

患者さんで長年の花粉症に悩む方がいて

少しでも良くなればと思い、自律神経の調整、

腸内を良くするため患者さん自身の食生活の見直しをしていただいています。

腸内には体内の6割以上の免疫細胞が集中しているので正しく機能しなければ

免疫力が低下し花粉症になることがあります。

発酵食品、食物繊維、はちみつや黒砂糖の摂取など

後は規則正しい日常生活に去年から変えて現在進行中です。

効果が出ることを祈っています。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

めまい、自律神経

浦和の整体院です。

めまいの起こる原因は様々ですが、最近は自律神経の問題から表れている方が多いです。

会社の仕事を家に持ち帰るような忙しい人や、休みが取れなく仕事を続けている人は、

自律神経が乱れやすく体も十分に休めないので身体も弱りやすくなります。

また、自律神経は血流を調整する働きもしています。

自律神経が乱れると血流の流れも乱れるので脳へ向かう血流の流れも

(血圧の左右差)乱れます。それによりめまいが起きます。

自律神経の乱れはリラックスすることが大事です。

中でも睡眠の質を高めるのも一つの手です。

睡眠ホルモンやメラトニンは2~4時。

抗ストレスホルモン(コルチゾール)は明け方に多く分泌されるので、

12時くらいまでに眠れると良いです。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

姿勢の悪さが頭痛めまいを引き起こす

PCやスマホが普及する中、多くの方が経験する頭痛やめまい。

画面をみたり操作をするなど長時間同じ姿勢維持し続けていると

姿勢も悪く猫背になりやすくなります。

このような人たちは、

頭が前に出て、背骨(背中・腰)が曲り正常な湾曲の形がなくなります。

その姿勢と頭が前に出ていることによって頚の骨も正常な湾曲がなくなるので

ストレートネックを生み出すことに繋がります。

歩きスマホや電車の座席で下向きでスマホを見続けるのは頸の筋肉、肩の筋肉、

、目にも大きな疲労が生じてきます。

さらに首には血管や神経が通っているので首の筋肉が固くなれば自律神経の乱れも

表れます。

その結果として、頭痛、めまい、吐き気の他

呼吸がしにくい、

食欲不振

朝起きるのが苦手

など、いろいろな体の不具合が表れます。

このような方は、一度生活改善を見直し体を整える考えを持たれてみればいかがかと思います。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

浦和整体 耳鳴り 自律神経

長年の耳鳴りで困っていた患者さん。

かれこれ5年前からとのことで症状が出ているのは左の耳で常にキーンという音が聞こえているようです。

施術は骨盤と頸椎の部分を調整し、自律神経のバランスを整えました。

施術後は耳鳴りの状態が少し弱くなったような感じとのことでした。

今まで病院で診察してもこれといった変化がなかったので患者さん自身も希望を持てたようです。

更なる回復を求めるためにもお手伝いさせていただきます。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

セミナーと望年会

今週の日曜日にJN整体スクールの年内最後のセミナーが行われました。

JNTの基本操作について
自律神経の症状、
梨状筋の機能低下による重度の坐骨神経痛
腰痛
鎖骨の調整方法
膝(膝痛)操作
外部講師による気功を使った術者のメンテナンスの方法、陰陽の理論など。

夜は、恒例の望年会。カラオケや談笑を交えて賑やかな一時でした。


今年も残り少ないですが、仲間たちと共に仕事や勉強に励んでいきます。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

眼精疲労(目の疲れ)

目が疲れる人は多いですよね、

PCやスマホなど、長時間目を酷使すると、目の水晶体を合わせるための毛様体筋が疲労し、眼精疲労を起こします。

さらに眼精疲労は目の疲れだけでなく、全身にに影響が現れます。

先ほどのPCやスマホの操作による姿勢により、手を使うので使用時間が長ければその分負担も大きいです。

その結果、頭痛・肩凝り・首凝り・腰痛なども起こしやすいです。

姿勢に注意し、目に負担がかかりにくいブルーライトカットメガネを使うのも一つの方法でしょう。

それでも目の疲れや身体の具合が不調の場合は身体の調整も必要だと思います。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

坐骨神経痛と診断された(女性)患者さん

1年前から右大腿部と膝の付近まで痛みが出るようになったといいます。接客業で立ち仕事が多いので仕事にも差し支えると思い、
病院で牽引と痛み止めを出されて数日間過ごしていても痛みが変わらずわざわざ当院まで電車を乗り継いで来院されました。
早めに何とかしたいと思い、最初の施術から4.5回は集中して来院してもらいました。この頃には足の痛みも2割残っている程度ですが患者さんとローテーションを決めながら引き続き施術中です。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

ぎっくり腰、北浦和から来院

最近、ぎっくり腰(急性腰痛)などで来れれる方が増えています。

先週は、立つこともできないという方が北浦和からお越しになられ、術後は自力で歩けるようになりました。

ぎっくり腰などは寒い時期には多いです。逆に、温かくなり始めた時期にも起こります。今までほとんど動かさなかった筋肉を「温かいから外で運動しよう」と張り切って動かすような状態でもぎっくり腰を起こしたりします。

気温の変化や季節の変わり目の時には、十分注意してください。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院

季節の変わり目で体調を崩す(寒暖差) 自律神経

10月の下旬になって、気温の差が出てくる季節になっています。

季節の変わり目は、日に日に朝晩の寒暖差も大きく、体にストレスがかかります。

昨日は寒かったけど今日は暖かい。
次の日は雨が降って寒い。

こういう状態が続くと体調不良になりやすくなります。

気温の寒暖差は自律神経のバランスを乱すことになります。

この神経は

体温調整
発汗の調整
呼吸
体液などの循環
代謝作用

などを司っています。

寒暖差が激しい季節になるとこれらの調整が頻繁に行われるため自律神経にも大きく負担を強いられます。

さらに過労、睡眠不足など生活リズムが不規則な状態だと体の疲労が溜まり、体調不良を引き起こします。

頭痛
めまい
耳鳴り、耳詰まり
倦怠感
風邪をひきやすい

などの症状がおこりやすくなります。

まず、生活リズム、睡眠時間・食生活の見直しも必要ですが、

それでも体調が崩れていれば自律神経のバランスを整えることが大事です。

さいたま市浦和の整体院 浦和カイロプラクティック諏訪整体院